害虫が少なくて1年の中でも育てやすい

観葉植物

冬になると1年の中でも寒い季節になりますが、寒くなると昆虫の活動も減ることになります。昆虫は春から夏にかけて活動を活発化するので、昆虫が減る冬は植物を育てやすいです。昆虫の幼虫によっては葉っぱを食べてしまうケースがあるので、そのような食害が減るだけでも難易度が大幅に下がります。冬になると寒くなるので、昆虫は少なくなりますがそもそも育てられる植物の種類も少なくなる特徴もあります。ただ冬でも育てられる植物も存在するので、実際に挑戦をするのは不可能ではないです。クリスマスローズやシクラメンなどが有名であり、寒さに負けずに綺麗な花を咲かせてくれるので育てる価値があります。

丈夫な花が多い

女性

冬に育てられる植物は丈夫な物が多いので、水やりなどを頻繁にやらなくても成長をしてくれます。夏などに育てる植物になると水やりを朝や夕方に二回もやらないといけないケースもありますから、その点を考えても冬の植物は育てやすい特徴があります。冬に水やりをする場合は、朝などの寒い時間帯を避けて昼にやったほうがいい特徴があり、仮に夜などに水やりをすると霜の影響で栽培に悪影響がでる可能性が高いです。そのため冬に育つ丈夫な植物でも水やりのタイミングなどを気にする必要がありますが、基本的には春や夏に育てるよりは難易度も低くなります。見た目が綺麗な花も多いので、寒い冬に庭を彩るには最適な花がたくさんありますから、育てる価値がある筈です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中